職場新聞の記事より

アリ・平等と平和の チャンピオン

アリ・平等と平和の チャンピオン

2016年7月1日
LINEで送る

グラブ プロボクシング元ヘビー級チャンピオン・モハメド・アリ氏が亡くなりました。
 本名、カシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア。アメリカ・ケンタッキー州ルイビル生まれ。
 1960年のローマオリンピックで金メダルを取った後、1964年の東京五輪では、「カシアス・

クレイは、奴隷の名前だ」と、モハメド・アリと改名して、またもや金メダル。
 その後プロでも王者になりまし
たが、ベトナム戦争の徴兵を拒否
してタイトルを剥奪されました。 しかし、その後王者に返り咲き数々の名勝負を演じました。
 リングの外でも、人種差別や戦争に反対して戦いました。
 国連事務総長パン・ギムン氏は、「平等と平和の世界チャンピオンだった」と、彼の死を悼みました。
 同感です。