職場新聞の記事より

とんでもない 「大筋合意」

とんでもない 「大筋合意」

2015年11月10日
LINEで送る

 環太平洋連携協定(TPP)の合意内容は、コメの無税輸入枠の新設を含め、農業と地域経済に重大な影響を与えます。食事
 自民党自ら賛成した国会決議で『聖域』とした農産物重要5品目ですら3割の品目で関税撤廃です。
 安倍政権が公約を投げ捨てたことは明白です。
 日本国民の利益を米国や多国籍企業に売り渡すものであり、決して容認できません。
 交渉は国民の目から隠れて徹底して秘密裏に行われ、関税分野で全体図が明らかになったのは合意された後でした。
 オバマ大統領は「アジアの成長を取り込む」として交渉参加、米通商代表部(USTR)はアメリカの多国籍企業に有利な貿易・投資のルール整備を目指し、「中国のような国ではなく、米国が国際ルールを築く」といいました。
 4月、安倍首相は、日米同盟を「希望の同盟」と、「TPPには、単なる経済的利益を超えた、長期的な、安全保障上の大きな意義があることを、忘れてはなりません」と言ってます。
 投資家対国家紛争(ISDS)の条項も、各国の主権と衝突する恐れがあります。進出先の国の制度や政策の変更で損害を受けたとする企業が、その国を相手取って訴訟を起こせる規定です。
 「大筋合意」には、何の根拠もありません。中身が伝わると反対の声が大きくなります。反対の世論も大きくなります。
 日本経済に重大な悪影響を与えることが明白になったいまこそ、政府はTPP協定書作成作業から撤退し、調印を中止すべきです。