職場新聞の記事より

陽気に元気に歩き納め

陽気に元気に歩き納め

2016年1月10日
LINEで送る

登山

 まだ落葉がしきりに続く紅葉、黄葉の中を楽しむ納めの山行は、景信山・城山・高尾山 ― 高尾三山を走破、最後は今年できた高尾山口の極楽湯で今年の汗を流そうという触れ込みでした。
 中央線の車窓からはやくも、富士山が大歓迎のお姿を見せ、それも裾野から山頂まで雲ひとつなく、という歓迎ぶりでした。
 中央道・小仏トンネルの上から山道の始まり、背中は汗がいっぱい、飴玉をしゃぶりにぎやかに世間話。景信山からは日光、筑波山、スカイツリー、ランドマーク、江の島、背中には大室山を従えた富士山です。
リュックと水筒 こんなに眺望に恵まれるのも初冬の今の時季だからでしょう。
 城山では富士山を肴におにぎり、ラーメンを作る人もあり、自宅庭の柿を一人一人に持ってきてくれる人、白菜の一夜漬けも配る人あり、シートを広げるスペースがあって楽しい昼食でした。 
 尾根道を下り、紅葉台からも富士山を堪能しましたが、ここの茶店で売っていたのはビンビールでした、むろん私たちは指をくわえて見るだけです。
 最後の急登を登ったら、なんじゃこりゃ高尾山頂上は、ごった返し、ひとの波。いやはや、これも記念にと人ごみを写真に収める人もありますが、早々に稲荷山コースから極楽湯を目指しました。