職場新聞の記事より

原子力空母 交代

原子力空母 交代

2015年11月10日
LINEで送る

 米軍横須賀基地には2008年以来、アメリカの原子力空母ジョージ・ワシントンが配備されていましたが、10月からロナルド・レーガンに替わりました。
 長さ333メートル、排水量9万7千トン、あの戦艦大和(6万4千トン)をしのぐ巨大さです。
 この動力源は2基の原子炉で、福島第一原発1号機に匹敵する出力。艦載機約90機を積み乗員は約5700人。
 原子炉も物騒なら、任務も乱暴、いざというときは、インド洋やペルシャ湾まで行って 殴り込みをかけるというのですから。
 横須賀市民の5割が、母港化に反対してるのに、政府は アメリカのご機嫌を伺うばかり。安倍政権も原子力空母も、一刻も早く退場してもらいましょう。