職場新聞の記事より

新日鉄住金 24時間対応自社保育所

新日鉄住金 24時間対応自社保育所

2016年12月5日
LINEで送る

保育

 新日鉄住金は、大分製鉄所近くに自社保育所を設置、今年4月から開所しました。
 製鉄所に勤務する女性社員の育児を支援する目的で設置したものです。
 夜間保育も行う24時間対応とする方針。17年度以降には君津製鉄所での開設を目指しており、順次、全国の製鉄所で展開していきます。
 24時間対応の自社保育所開設は、「国内製造業としておそらく初の取り組み」(福田寛・人事労政部労政室長)と言われています。
 製鉄所の操業・整備職場では、社員個々人が継続的に技術・技能を蓄積するため、出産・育児で一時的に休業する女性社員も復職時には元の現場に復帰することが望ましいとされています。
 保育時間は当面、延長保育も含めて午前7時半~午後8時までとするが、対象者が発生した時点で夜間保育も実施する予定です。
 ちょっと前までは、母体保護の目的で、製造現場では、女性の夜間勤務などありえなかったのですが、どこまで財界言いなりの規制緩和が行われるのでしょうか。