職場新聞の記事より

九電の主張うのみ、 住民の申し立て却下

九電の主張うのみ、 住民の申し立て却下

2015年6月10日
LINEで送る

 九州電力は 川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)1・2号機を再稼働しようとしています。風力発電
 不安を感じた近隣の住民が、鹿児島地方裁判所に 再稼働差し止めの仮処分を求めました。
 その決定が 4月22日に出されましたが、なんと住民の申し立てを却下するというもの。
 住民側は、巨大噴火の予知はできず「火砕流の到達前に使用済み核燃料を運び出すことはできない」、事故の際「要援護者など災害弱者の犠牲が多数発生しかねない」などと指摘しましたが、裁判所はとりあわず、九州電力側の主張をうのみにした決定でした。
 福島原発事故では、それまでの安全神話が大元から崩れましたが、その教訓から何も学ばず、再び安全神話をふりまいています。住民側は高裁に抗告しました。